bluemint

/bluemint

About bluemint

This author has not yet filled in any details.
So far bluemint has created 31 blog entries.

本年度最後のロケ

By | 3月 9th, 2014|Categories: お仕事, 映像制作, 番組制作|

今年度も残り3週間。 弊社が担当していますレギュラー番組の収録も、いよいよ最後回を迎えてしまいました。 さみしぃ〜 ↑↑ 美味しそうなイタリアンを空腹で撮影する社長の勇姿!! ↑↑ …4月から番組は、一体どうなってしまうのでしょうか?(すっとぼけ(笑))

謹賀新年

By | 1月 1st, 2014|Categories: お仕事|

2014年、あけましておめでとうございます。 弊社の昨年のテーマは「革新」(笑)でしたが、今年も引き続きこのテーマで 今までとはひと味違った印象的な作品づくり、心に残る映像表現を心掛けていきたいと思っております。 昨年大変お世話になった皆様、これからお世話になる皆様方、どうぞ宜しくお願い致します。 2014年元旦 株式会社ブルーミント スタッフ一同

イベント撮影

By | 12月 31st, 2013|Categories: お仕事, ビデオ撮影|

今月下旬、某大学の音楽発表会記録映像を撮影させていただきました。 代表の私自身、学生時代は下手くそながら音楽をやっていたということもあって 当日は仕事で関わりながら、完全にステージを楽しんでいました(笑) 私たちの発表会もぜひ撮影してほしい!という学生さん! 弊社では、がんばっている学生さんを応援する学割サービスも行っています。 まずはメールもしくはお電話にて、気軽にお問い合わせください。 お問い合せはこちら

テストフライト

By | 8月 29th, 2013|Categories: ビデオ撮影, ラジコン空撮|Tags: , |

このところ天気が良いので、GoProを積んで空撮用ヘリのテストフライトを行いました。 http://www.youtube.com/watch?v=cZRJ9CzXoPA ジャイロの感度設定の詰めが甘いせいか、左右に小刻みに揺れていますが、なかなかの安定性。 映像は無加工でつないでいます。

飛ばない映像屋はただの…

By | 8月 10th, 2013|Categories: お仕事, ラジコン空撮, 機材(ハードウェア)|Tags: , , , |

最近、ちょっと面白い機材を導入しました。 ラジコンヘリです。   風に流される機体を必死こいて制御するワシ     今機材って言ったよね?オモチャじゃん!と思った方… これでも立派な撮影機材なんです。   見た目はかわいいUFOみたいなこの機械で、こんなのが撮影出来ちゃいます。 平尾台上空からの眺め   また面白いものを撮影したらレポートします。

クレジットカード決済が可能に!

By | 5月 31st, 2013|Categories: お知らせ|

弊社にご依頼頂いたお仕事の決済に、クレジットカード払いを追加しました。 VISA、MasterCardがご利用いただけます。 クレジットカードは、たまったポイントでいろいろなプレゼントがもらえたり、 空港のラウンジが利用できたりと、魅力的なサービスが沢山ありますよね。 日頃の決済にクレジットカードを活用している皆様も、ぜひご活用ください!

弊社の機材を紹介します(ノンリニア設備編)

By | 5月 9th, 2013|Categories: お仕事, 機材(ソフトウェア), 機材(ハードウェア)|Tags: , , , , |

5月6日、クリエイティブ業界にビックリなニュースが… アドビがパッケージ製品の開発を止め、Creative Cloudへの完全以降を発表しました。 Creative Suiteは6が最終となり、今後全て月額制でソフトウェアの提供を行っていくそうです。 それに伴う新バージョンのリリースは6月17日だそうで、このアドビの方針には賛否両論ありますが、何はともあれ新しい機能が搭載されたCCシリーズの登場は楽しみです。 今回は、弊社設備のなかでノンリニア編集に使っている機材を紹介したいと思います。 MacPro Early 2009 (OSX10.8)+Apple CinemaDisplay 23inch 16GBのメモリと4発のHDDを積んだ最もパワーのある編集機で、この機材では主に番組のオンライン編集などを行っています。 使用ソフト ノンリニア Apple FinalCutPro, FinalCutPro X, Adobe PremierePro CS6 この中で最も稼働率の高いのはPremiereProCS6です。 64bit対応で、様々なフォーマットがネイティブに編集できることや、タイトラーにIllustratorが使えるというメリットから、昨年末から試験導入を始め、今年度よりFinalCutProから移行しました。 Illustratorを使ったテロップのデザインはこれまでと比べ、グレードが上がったと好評です。 タイトル Adobe Photoshop CS6, Illustrator CS6 合成 Adobe After Effects CS6 書体 Fontworks LETS 放送業界向けライセンス その他 Adobe Audition CS6(MA), Encore CS6(DVD,BDオーサリング), Media Encoder(エンコード) MacBookPro Late 2011 (OSX10.8) 北九州市小倉事務所、宗像事務所をフラフラと行き来する(笑)弊社代表のモバイルマシンとして活躍しています。 MacProとほぼ同一の環境で、メインメモリは16GBに増強、記録媒体は500GBのSSDと1.5TBのHDDを内蔵しています。 ノートブックでありながら、番組やプロモーションの編集、プレゼンも平気でこなす優れものです。 [...]

ファイルベースにおける映像の取り扱い

By | 3月 25th, 2013|Categories: お仕事, 映像制作|Tags: , , |

ビデオカメラがファイルベースになってから、撮影した映像は次の撮影に備えて、完パケ納品前に元のメディア(SxS、SDHC等)から消去しなければいけないケースがほとんどになりました。 編集機のHDDにコピーしてから消去することになるのですが、元のメディアと違ってHDDは非常に脆いため、1箇所だけに保存するのは危険です。 そこで、ファイルベースの素材管理に次のような体制を取っています。 素材は別経路から2重のバックアップ 元のメディアからPCにコピーする際、違うPCを使って別々の場所にコピーしています。 一台はメイン編集機MacProの内蔵HDD、もう一台は共有NASです。 ファイルコピーの方法も分けていて、一方はカメラメーカーの提供するメディア管理ツールでコピー、もう一方はOSの単純なファイルコピーです。 ハッシュ値の照合によるメディア一致性の確認 ハッシュとは、データ検証に使う技術の一種で、このハッシュを比較するツールを使って、コピー後にファイルが破損していないか確認しています。 上記画像は、右が元のメディアのデータ、左がHDDにコピーしたデータの一覧です。 青帯が1バイト単位で完全に一致したファイル、赤帯が破損して元のファイルと一致していないものです。 映像を確認すると、とても重要なシーンで激しいドロップフレームが発生していましたが、この行程によってメディア消去前に問題を回避することができました。 黄色は一方にしか存在しないファイルで、この場合は編集機が生成したTempファイル。 黄色をチェックすれば、ファイルコピー忘れもすぐに分かります。 とても面倒な作業なのですが…ここまで管理を徹底すれば、安心してメディアをフォーマットすることができます。

弊社の環境を紹介します(現場の機材編)

By | 3月 1st, 2013|Categories: お仕事, 機材(ハードウェア)|Tags: , |

弊社の設備を数回にわたって紹介しようと思います。まずは現場の機材(映像)から。 業務用カムコーダー SONYのXDCAM EXシリーズを使っています。 PMW-320、PMW-EX3の2台。主に番組の収録(ENG)を行ったり、2台でほぼ同じ画が撮影できるので、イベントの複数台同時収録などに使っています。 XDCAM EX選定の主な理由は、記録ビットレートが35mbpsと控えめな点と、使い慣れたSONYのシステムだからです。 使い慣れたシステムを選ぶというのはとても重要なことで、現場では様々な想定外の出来事が起きます。そのときに慣れない機材をあーでもないこーでもないといじくりまわしているヒマはないので、たとえ魅力的な機能が他メーカーの機材に搭載されたとしても、簡単に浮気はしないようにしています。 写真はスタジオ収録のリハーサルを弊社小倉事務所で行っているところです。 その他のカメラ SONYのNEX-VG20。 撮像板が1/2や2/3インチの業務用カメラと比べて大型で、被写界深度が浅く、ボケ味を活かした独特の持ち味の画が撮れます。 主にプロモーションの現場や、肩のせカメラでは思い通りの画が撮れない、狭い現場などで活躍しています。 他には、動画の撮れるCanon EOS60Dや40Dなどのスチルカメラもあります。 三脚 Vintenを使用しています。どの角度でもカメラがピタッと止まるパーフェクトバランスや、油圧ドラッグによるスムーズなパン、チルト操作が気に入っています。 脚部は3段カーボンをチョイスしています。アルミ三段と比べて良い点は、軽量なのはもちろんですが、それよりも、冬の寒いロケでも脚部が冷たくならないのが一番のメリットです(笑) 寒い中、冷えきった機材を運ぶのはつらいですからね。 音声 PMW-320に装着しているスロットインレシーバー。A・B帯に対応していて、ワイヤレスマイクの音声を直接カメラに入力できます。 B帯ワイヤレス送信機、WRT-822とUWP-V1。 レポーターさんのような演者に持たせて、ピンマイクや、インタビューマイクの音声を送信します。 弊社設備だけで最大4波まで対応できます。 ガンマイクは定番のゼンハイザーMKH416、+48vのファンタム版を選びました。 これにライコートのソフタイグリップキットを装着。触り心地が良く、社内では「もふもふ君」などと呼ばれて親しまれています。現場でも大人気です(笑) ただ、鳥かごタイプのケースと違って軽量な反面、端子がむき出しなので、雨が降ったら防滴処理の工夫が必要です。 といっても、ビニールぶくろをかぶせて養生するだけですが。 この他にも、地上波のニュースでよく見かけるインタビューマイクの定番SM63Lや、ダイナミックマイクのSM58などが活躍しています。 次回は、編集に使っている設備などを紹介する予定です。

プロモーション映像を追加しました。

By | 2月 12th, 2013|Categories: お仕事, プロモーション|

Youtubeのチャンネルにプロモーション映像を追加しました。 https://www.youtube.com/watch?v=BSWigLiZits 弊社制作、スロットカーショップ「ユノディエール」さんのプロモーション映像です。 制作環境 (現場)PMW-EX3、NEX-VG20、車載カメラ (編集)MacPro、Final Cut Studio、Adobe CS6 各種プラグインはほとんどがプリセットなので、詳しい人には何を使ったかバレバレです(笑) 撮影はスロットカーが非常に速くて大変でした。 音楽のテンポに合わせて再生速度を微調整していますが、100%以上の早回しを行っているカットはひとつもありません。びっくりするくらいのスピードです。 ロケ当日、撮影にご協力いただいた皆さま、ありがとうございました。 ユノディエールさんのサイトはコチラ うちの会社・お店・グループもプロモーション作りたい! という方は気軽にお問い合わせください。 お問い合わせはコチラ